【北海道ツーリングその5】

 テントを撤収し、今日は最北端宗谷岬へ向かう。オロロンラインを北上し、オトンルイ風力発電所の風車を見る。来年には建て替え工事が始まり、大幅に風車の数が減ってしまうため、今年が最後かもしれない。壮大な景色を見ながらノシャップ岬へ。目的は樺太食堂の「うに丼」だ。いつしかライダーの聖地と呼ばれるようになった樺太食堂のうに丼は「無敵のうに丼」と言われ親しまれ、47年間この地で旅人を迎えてくれている。

 宗谷丘陵にある白い貝殻の道は、平成23年に稚内市産業観光課の職員のアイデアで、宗谷牧場のオフロードにホタテの貝殻を砕いて敷き詰めたのが最初。日本離れした光景がライダーたちの間で話題になり、今では人気スポットだ。青い海と空、緑の牧草、そして白い貝殻の道というコントラストが素晴らしい道を走り、丘を降るとそこは最北端の地宗谷岬だ。最北端に自分の力で来たんだという感動は何度行っても変わらない。

 宗谷岬からおよそ50㎞ほど走ったところに「エサヌカ線」という道がある。どこまでも続く真っ直ぐで平坦な道で、右も左も牧草地。全長16㎞メートル、道路沿いには電柱や看板など視界を遮るものがないため、地平線を最大限に楽しむことができる。

 北海道らしい道を堪能して、浜頓別から南下。音威子府、名寄を通過して今夜の宿は士別。明日の天気も晴れ予報。網走へ向かおう。

【ラジオ番組「くらさんの今日もツーリング日和」バイクの輪ゲスト】

 8月13日放送の「くらさんの今日もツーリング日和」Motorcycle Friendshipバイクの輪のゲストは、桐岡大輔さんからのご紹介で北村議見さんにご出演いただきました。

 新潟県在住、現在65歳の北村さんのバイク歴は16歳から49年。免許を取得したのは、バイク免許制度変更の年1972年。小型と大型(現在の普通自動二輪)に分かれており、誕生日の早い同級生は125㏄の教習で自動二輪免許が取得できたが、北村さんの誕生日は11月だったので、スズキGT350での教習になってしまい、今では普通の「1本橋」や「スラローム」が新たに教習に追加されてしまったのだそう。

 中学の時に発売されたCB750Fourの音に惚れ、高校で免許を取得したらこれに乗ろうと思ったのがバイクに乗るきっかけだったという。

 現在の愛車は、ホンダCB750FourK1(1972年)、ヤマハ マジェスティー250、

ホンダCB750FourK4(2001年)

 なぜバイクに乗るのかの質問に、「乗り始めた頃は、自転車より楽に、車と同じ速さで、私を運んでくれるスーパーマシン。旅の道具としては、雨にぬれる、寒い、暑い、雪道・凍結はだめ、衝突安全性無し、転ぶ、などのリスクが多く快適性・安全性は車に圧倒的に劣るものの、車より自由に動けて、停める場所に困らない、私には車以上の旅ツールと感じるから。箱が無いほうがいいのかなあ。同じ道でも四輪だと「旅してる感」が弱いです。ちょっと貧乏臭いのがいいのかも。空を飛びたい願望もあるかも。バイクに乗っていると子供の頃、両手を広げて「ぶーん」と飛行機ごっこしていた感覚と似て好きなのかもしれません。天気がいいと、ああ、バイク乗りたいなあとなるけど、車乗りたいなあとは思わない私です。ああ今日はスキーしたいなあに似ているかも、そりしたいなあにはならないですから」と語る北村さん、今後も素敵なバイクライフを!

 くらさんの今日もツーリング日和は毎週土曜日20時ONAIR中!

Moto/Carゲスト記事

 

【Moto/Car整備情報】

トルクとは?

 まずトルクとは、「トルク=クランクシャフトの回転力(ねじり力)」である。

 トルクを自転車に例えると、自転車で前進するときには、左右のペダルを交互に下に向かって踏み込んでいく。このとき、ペダルを踏みこむことによって、左右のペダルをつないでいるクランク軸に回転させるためのねじり力がかかる。クランク軸にかかるねじり力の大きさ次第で自転車が前進し、力の強い大人がペダルを漕ぐと大きなねじり力が発生してより多くの距離を進み、力の弱い子どもだと、それほど大きなねじり力が生まれないので進む距離も短いということ。トルクは「回転」の要素が必ず含まれ、電気モーターやエンジンはもちろん扇風機や観覧車など、回転する物体には回転させる力を受けて回転する。この力こそトルクなのだ。

 自転車の場合、ペダルを踏みこむ力に応じてトルクが変化するが車のエンジンの場合は「エンジンの回転数」に置き換わる。

トルクは一般的にエンジンの回転数が高くなると増加し、ある一定の回転数でピークを迎え、それ以降は徐々に減少する。これをグラフにしたときの曲線を「トルクカーブ」と呼び、最大トルクの発生回転数が高いほど加速力があることを示している。

 車、バイクにおいての馬力とは、1分間あたりの総出力トルクのことで、「トルク×回転数」で求められる。車の速度に大きく関係しており、エンジンの回転数が高い、あるいは、回転数が固定されていても排気量が大きい(トルクが大きい)エンジンであるほどパワー(馬力)が大きくなる。トルクはエンジンの性能と密接な関係にあり、車、バイクを選ぶ際には注目してみてはどうか。(工場長)

 

過去のJB新聞一覧>>


JB新聞: Cafe Jack in the Box 、じゃんぼ洗車センター(TEL.045-812-6400)、レンタルバイクガレージJack in the Box 横浜阿久和、車両整備(車検、タイヤ交換、オイル交換)、FMやまと『くらさんの今日もツーリング日和』番組の情報を毎週土曜日発行。Cafe Jack in the Box 店頭にて紙面閲覧可。

発行元

Cafe JB

〒246-0026 神奈川県横浜市瀬谷区阿久和南4-12-6 TEL .045-442-5557

Moto/Car maintenance
運輸局自動車認証工場 認証NO.2-6359

〒246-0026 神奈川県横浜市瀬谷区阿久和南4-12-2 TEL .045-442-5557

https://motocar.jp

RAVEN株式会社

 

Follow me!