フライドポテトとは、じゃがいもを食べやすい大きさに切って油で揚げたもので、世界中で愛されている料理です。

17世紀のベルギー南部ワロン地域の都市ナミュールで、細く切って揚げたじゃがいもが起源と言われています。その後、第1次世界大戦にてヨーロッパに派遣されていたアメリカ兵がベルギー人からフライドポテトを分けて貰ったことから全世界に広まっていったとされています。

切り方や太さによって呼び方が変わるのがフライドポテトです。細切りされたじゃがいもはシューストリングカット。日本で代表的なカットスタイルで、調理時間が短いため、ファストフード、居酒屋などで提供されています。当店もこのカットスタイルのフライドポテトを使用しています。他にもホクホクした食感が楽しめるレギュラーカット、三日月状で皮付きのウェッジカット、ワッフルのような形のラティスカット、くるくる螺旋状のカーリーカットなどまだまだたくさんの種類があります。
ところで、日本にはフライドポテト協会というものがあるのを知っていますか?この協会の目的は食べた人の人生が変わるような「世界最高のフライドポテト」を生み出すことです。また、フライドポテトに関する総合的な知識を測る日本で唯一の検定試験「フライドポテト・アンバサダー検定」があり、合格者はフライドポテトの魅力を伝える「フライドポテト・アンバサダー」として活動することができます。なんと当店にはアンバサダーが複数人います。皆さんも試験受けてみては?

 ところで、ポテトの味付けと言えばやはり塩でしょうか?当店では支配人考案の魔法の粉で味付けをしています。1度食べたら病みつきになってしまうほど間違いなしのポテトです。ハンバーガーと一緒に食べたら大満足して頂けるのではないでしょうか。

フライドポテトアンバサダー あつし

Follow me!